ムズムズシラズの効果や口コミは?

ムズムズの正体とは?

 

一般的に言われているムズムズとは、

 

「むずむず脚症候群」

 

または「レストレスレッグス症候群」「下肢静止不能症候群」

 

という病名のことです。

 

症状としては、以下のようなものが挙げられます。

 

・脚の表面ではなく、内部に異常な感覚が起こります。

 

・脚に不快感が生じるため、落ち着かない。

 

・脚を動かし続けてしまい、不眠を引き起こす。

 

 

症状を言葉で表現しにくいですが、

 

痛いかゆい、ほてる、虫がはっている感覚、

 

「むずむずする」というのが一番当てはまる表現であるため、

 

ムズムズ脚症候群と呼ばれています。

 

むずむず脚症候群の原因は?

 

むずむず脚症候群の原因とはどんなものなのでしょうか?

 

 

◆原因が特定できない。(わからない)

 

むずむずの原因が解明されておらず、突発的に引き起こされるケースがあります。

 

また、考えられるケースとして以下の点があげられます。

 

 

1、脳内のドーパミンの過剰分泌

 

脳内のドーパミンが過剰に分泌されることで、ドーパミンが伝達される
神経の経路に問題が生じてむずむず脚症候群が引き起こされると
考えれます。

 

2、鉄分不足

 

脳内での鉄分の役割は、ドーパミンを作り出す働きがあります。
だから、鉄分が不足してしまうと、ドーパミンを作り出すことができなくなり、
むずむず脚症候群が引き起こさると考えられています。

 

3、遺伝

 

遺伝が原因の場合、家族の約6割がむずむず脚症候群

 

の症状を経験しているケースがあるためと考えられています。

 

むずむず脚症候群の解消方法は?

 

むずむず脚症候群になってしまった場合、どのように

 

対策を取ればよいのでしょうか?

 

 

日常生活に支障がなければ、特に対策の必要はありませんが、

 

むずむず脚症候群がひどくなると、不眠などが引き起こされる原因になります。

 

むずむず脚症候群の対策を以下にまとめてました。

 

 

1、カフェインを控える。

 

ドーパミンの興奮作用があるカフェインを含むコーヒーや紅茶など

 

をひかえるようにします。

 

特に夜の寝る前にカフェインを摂取することは辞めましょう。

 

 

2、散歩などの有酸素運動をする。

 

むずむず脚症候群の特徴として、

 

安静にしている時に強く症状が出ます。

 

逆に有酸素運動をしている場合には、症状が弱くなります。

 

症状が気になりだしたら、近所をウォーキングなどをしてから

 

ベッドに入ると落ち着いて眠ることができます。

 

 

3、鉄分を意識して摂取する。

 

鉄分不足でむずむず脚症候群の症状が出ている場合、

 

鉄分を意識して摂取することが大切です。

 

鉄分はドーパミンを作り出す働きがあるため、積極的に鉄分が含まれる

 

果物や緑黄色野菜を食べて食生活の見直しをしましょう。

 

 

4、サプリメントに頼る。

 

ムズムズに効果が期待できるサプリメントを飲んでみることを
お勧めします。

 

薬ではなく、サプリメントの場合、副作用も無いので安心して
続けることができる点がメリットです。

 

 

むずむずに効果が期待できる

 

「ムズムズシラズ」というサプリメントがあります。

 

このムズムズシラズについてまとめましたので、参考にしてみて下さい。

 

【ムズムズシラズ】通販・効果・口コミ・体験談を徹底解析!